ぼやぼや大学生

掃除機は本当に必要なのか?

2020/08/04
簡易にする方法 0

深夜に更新するブロガーになりました。

自転車に乗りながら今日のサムネ用に月の写真を撮っていたら、近くで釣りをしている方に変な目で見られてしまいました 笑。

(何とか何枚か撮って家で確認するとぼやけていてだめになりました)


そんなことはさておき、今日は掃除機について話します。
一時期、僕はthe 掃除機と呼ぶべき代物を持っていた時期がありました。
掃除機を買えば、二日に一回ぐらいの
頻度でしっかり掃除をするだろうと意気込んでいました。

キャニスター付きの掃除機
一人暮らしするなら紙パックでキャニスター型の物でしょと安直に買ってしまいました。

使っていくうちに気づいた点


・ガラガラと音を立てて遠くに行くと、コードの長さに限界があるので電源から取れることがよくありました。


・紙パックを捨てるときに、ゴミが口から出てしまうことがありました。


・夜に掃除機をかけると音が大きいので迷惑をかけそうです。


・紙パックから匂いがするときがありました。



などなどいろいろと問題が出てきてしまいました。

そして、コードをつなげたまま

移動するので、段々と頻度が落ち

週に一回する程度になりました。

そこから、、、

そもそも掃除機って必要なの?理論に達しました。

(半分ぐらいは僕のめんどくさがりな性格と雑さが原因です)


そして掃除機に変わるものとしてコードレスのものやロボット式など

いろいろ考えたのですが、原点であるコロコロとモップになりました。


家の掃除用具
今家にある掃除用品全員大集合かけるとこんな感じになりました。
容器とキッチンペーパー以外は基本的に無印で統一しています。

何といっても、、

コロコロとモップのポールが一つで共有できるのがかなりいいです。
普段はコンパクトに収納できて使う時にカチッと接着するお手軽さで、
シート外した後モップ裏にゴミがつきにくい素材なのもグッドです。
シートやコロコロの替えも数100円で、経済的です。

コロコロの良くないところ

・粘着力が低いのかわからないのですが、まれに
ロールが回らず床につくことがあります。


・本体とシートの接合部分が緩いので外れることが多々ありました。


・普段はケースに入れて収納しているのですが、
ポールをつけたまま収納すると自立できないです。


無印コメント欄には、このモップのシートがすぐ外れる、
すぐに折れるなど物議を醸している商品ですが、

僕の解決策はシートはモップからはみ出ているのはこれでもかというぐらい
接続部分に詰め込む、
モップにはあまり力を入れないようにしています。
(スーパーの野菜詰めれるだけ詰めってってコーナーの感覚です 笑) 


この神器を手に入れてからは、朝起きてコロコロ→モップで家を一周して始まります 
ベットの下も掃除できる立ち仕事
写真はいらなかったかもです 笑


そして半分寝ぼけて掃除しており部屋の隅など忘れがよくあるので
、キッチンペーパーとアルコールでふき掃除します。


トイレ、バス、アルコール液は無印でなくてもよかったのですが、
過去にすごい匂いのきつい掃除液でバス掃除をしているとくらっときて
コケたことがありました。
それから
なるべく匂いのないものを使おうと思い、無印にたどりつきました。


このポールに付けれる掃除シリーズに、

ほうきもあるそうなので今度行った時に買おうと思います。


箒があれば、ベランダや靴箱の掃除にも使えそうなので

より幅広く掃除ができそうです。



モノ紹介系が最近多いですが、ラジオ系も作成して行けたらなと思います。

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.
簡易にする方法